あなたの居場所はどこですか?

台風4号の影響で日本列島は大荒れですね。天気が良ければ練習会に参加しようと思っていましたので残念です。

こんな雨の日はバイクの事でも考えながら過ごしてみますか・・・。

自分がまだ経験の浅い頃は二輪モータースポーツはアスファルト系と不整地系に大きく分かれていると思っていました。

そしてアスファルト系のライディングテクニックはほぼ共通するものだと考えていました。

確かに共通する部分も多いのですが経験を積んでいくうちにそれぞれのライテクには特異な部分もあることを実体験を通して感じてきました。

例えばロードレーサーや二輪ジムカーナライダーや白バイ隊員や講習会ライダーの比較など・・・。

この比較はよく雑誌で「車」vs「二輪」なんて企画がありますがそんな感じに近いのかもしれませんね。

それぞれに畑が違うものを比較してみたくなるような好奇心のようなもので・・・。

記事のネタとしては面白いと思うのですが現実的に落ち着いて考えてみるとどうでしょう?

畑の違うものを比較してもあまり意味がないようにさえ思えてきます。

意味があるとしたら比較したものの違いを知るといった事くらいでしょうか?

時速200kmでサーキットを走るロードレーサーは道幅8mくらいの公道でUターン出来なかったりします。

二輪ジムカーナライダーでも一本橋を30秒以上かけて渡れなかったりします。

白バイ隊員でも二輪ジムカーナライダーのように車体を接地させながらタイムを削れなかったりします。

バイク歴20年のライダーでも二輪ジムカーナ大会のコースを完走できなかったりします。

要するに「餅屋は餅屋」と言うようにそれぞれの専門性があるということなんですね。

もしあなたがロードレーサーならUターンの練習をするよりサーキットを走って練習した方が良いかもしれません。

もしあなたが講習会ライダーなら8の字練習をするより急制動の練習をしたほうがいいかも知れません。

もしあなたが二輪ジムカーナライダーであれば一本橋の練習をするより8の字練習をしたほうが良いかも知れません。

あなたの居場所はどこですか?

おそらく皆さん言葉には出さなくても当たり前のように認識している事と思いますが文章にしてみました。

この記事を書いた人

東 春平代表取締役 / 音響エンジニア
音響と音楽で皆さんの役に立つことを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です