この業界の転職事情

この業界の転職事情はどちらかというと転職しやすい傾向のような気がします。

ただ音響エンジニアという仕事そのものがそんなに大きな業界ではないと思います。

ですから経験があれば比較的転職はしやすいように思います。しかし転職することによって待遇がアップようなチャンスは多くはないと思います。

業界の景気は1980年から1990年代のバブル景気をピークにその後のバブル崩壊で厳しい淘汰の時代を迎えましました。現在は比較的安定しているように感じます。

転職の理由を自分の経験から振り返りって考えてみました。大きく4つ思い付きました。

  1. 職場や仕事に見切りをつける
  2. ヘッドハンティングなどの引き抜き
  3. 通勤地など家庭の都合
  4. 会社の都合で

自分の経験した転職の理由はこの4つです。転職経験者に聞くと多くの人が1番の理由のようですね。

1番の理由をさらに細かく分けると

1-1.仕事を通してこれ以上自分が成長できない
1-2.職場の人間関係に見切りをつける

といった感じでしょうか?

このような現実逃避型の転職の場合その原因が自分にあると転職先でも同じような事になってしまうので注意が必要だと思います。

転職者を受け入れる側もそういった事情を過去の経験から考慮していると思いますね。

この記事を書いた人

東 春平代表取締役 / 音響エンジニア
音響と音楽で皆さんの役に立つことを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です