どんな資格や経験が求められますか?

音響の仕事に関する資格は昔はありませんでした。最近は少しあるみたいですね。

しかし資格が必ず必要といったわけではありません。仕事によっては資格が必要な場合もあると思いますがそれは会社に入ってから必要に迫られて取得するのが一般的なように思います。

自分は音響に関する資格はもっていませんが今までそれで苦労したり困ったことはありませんでした。

よく資格を取得するのが趣味などといって色々な資格を持っている人もいますよね。

求められる経験に付いては少しでも現場や実務の経験があると有利かもしれません。

しかしあまりそれを全面に出すと自己主張が強い印象を受けますのでさりげなく話す方が得かもしれません。

仕事との出会いは資格や経験よりも縁によるところが大きいような気がします。

どんなに素晴らしい資格や経験があってもその会社に求められない人材であったら入社は難しいと思います。

そういう意味では資格や経験も大切ですが人から求められるような人材になることを考えるのも良いのではないでしょうか?

また情熱をアピールする人もいますがこれもあまり全面に出すと自己主張が強い印象を与えると思います。

自分の個性に合った会社を見つけるのは大変なことだと思います。

ですから自分の個性の幅を広げることによって相手にとってストライクゾーンが広くなるという考え方もあると思います。

そのためには相手の身になって考えることが大切になってくると思います。

この記事を書いた人

東 春平代表取締役 / 音響エンジニア
音響と音楽で皆さんの役に立つことを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です