チャンスは人からやってくるもの?

自分が若い頃はチャンスは資格取得だったりオーディションに応募することでやってくるものだと思っていました。

しかし時がたって思うことは人からやってくることが多いと言うことです。

自分の場合は転職だったり仕事のチャンスだったり趣味の場合でもチャンスは人からやってきました。

自分の場合のチャンスと言うのは変化のきっかけとなるような事です。

チャンスは誰にでも平等に訪れていると思うのですが周りを見回すとチャンスの多い人と少ないように思える人がいるようです。

その違いは何なんでしょうかね?

運と言ってしまえばそれまでなんですがチャンスの少ない人はもしかしたらチャンスを受け入れていないのかも知れませんね。

変化をしたくないとか今のままで良いとか・・・。

人からやってくるチャンスはあとから振り返ったときにそれが変化のきっかけになったと思える程度の話がほとんどです。

逆にチャンスと思えるようなおいしい話などは長続きしないというか結局変化することなく終わってしまったりします。

潜在的に自分の都合を優先するようなタイプの人もチャンスを掴みにくいのかも知れませんね。

また恋愛にもにた傾向があるように思います。

美人でブライドが高かそうで近寄り難い人より気さくで話かけやすい人の方が恋愛のチャンスが多かったりします。

話をもちかける方の立場になって考えれば話を聞いてくれそうな人を自然と思い浮かべると思いますしね。

話がかみ合うとか合わないといった相性的な要因もあるかもしれませんけど。

チャンスなど必要ないと思っている人にはべつに気にすることでは無いと思いますが・・・。

変化を求めている人は相手の話を自分の価値観を押さえて親身になって聞くように心がけるのもいいかも知れませんね。

次回の記事はバイク系で「中井ミニバイク6時間耐久レース参加にあたって」をお送りする予定です。お楽しみに♪

この記事を書いた人

東 春平代表取締役 / 音響エンジニア
音響と音楽で皆さんの役に立つことを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です