二輪ジムカーナのコミュニティー

二輪ジムカーナに取り組んでいる人たちは大会を通して気軽に交流があります。

関東地区の大会では九州から北海道までほぼ日本全国から参加者が集まります。

二輪ジムカーナの車両規定は公道走行が可能な車両とされていますのでバイクにはナンバープレートが付いています。

大会会場で全国のナンバープレートを付けたバイクが集まっている光景は他ではなかなか見ない光景かもしれませんね。

大会は年間4戦から5戦のシリーズ戦になっていますので毎回顔を合わせていると常連さん同士で仲良くなったりします。

また大会終了後に近くのファミレスで仲間と夕食を食べるのが習慣になっているのですがここでも客席の1/3くらいは大会参戦者のお客さんになったりします。

基本的には仲間同士で集まって座るのですが時間がたつとテーブルを移動して他のグループの人たちと入り交じって会話が弾むこともよくあります。

趣味のコミュニティーではよくある事かも知れませんがこれはなかなか楽しいものがあると思います。

たまに所用がありファミレスに寄らずに帰る事があります。そんな時は大会参戦の充実感も減ったような気さえしますね。

自分が最初に始めた1980年前後では同じ練習場所に集まる人たちでコミュニティーがあったように思います。

しかしそれ以上は記憶にないですね。自分が若かったからかも知れませんが・・・。

おそらく現在ほど全国的に参加者が集まったり参加者同士のコミュニティーは無かったと思います。

若い頃はこのようなコミュニティーに関心がなかったりします。30代も後半になると学生時代との友人関係も疎遠になりがちです。

そういう意味では趣味を通して新しい友人知人と出会うこのようなコミュニティーは平凡な日常に刺激を与えてくれる貴重な存在になったりするのではないでしょうか?

この記事を書いた人

東 春平代表取締役 / 音響エンジニア
音響と音楽で皆さんの役に立つことを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です