仕事と家庭の両立について

仕事と家庭の両立なんて家庭を持っている人ならあたりまえのようにしていると思うかも知れません。

ところが最近熟年離婚と言われるいわゆる定年後に長年連れ添った夫婦の離婚が増えてるそうです。

おそらく仕事は生活を支えるためと家庭を顧みないで仕事を優先していると定年後に妻から三下り半を突きつけられるといったわけですよね。

浮気は男性の専売特許のようなイメージがありましたが最近では女性の進出も著しいようですね。

理由はインターネットや携帯電話の普及で家庭の中にいた主婦が趣味や価値観の合う異性と出会うチャンスが増えたからと分析されていました。

若い頃は喧嘩の理由が直接喧嘩の原因だったと思います。会話の中でのちょっとした食い違いとか・・・。

結婚して一緒に暮らしているとそんなちいさな事でいちいち喧嘩をしていられなくなります。

日常生活では見て見ぬふりをしたり大目に見たりしていた事が次第に溜まってきてあるとき全然関係のない事がきっかけで大喧嘩になったりします。

熟年離婚も溜りに溜まった不満が定年後に発散される現象の1つなのかもしれませんね。浮気なんかも動機は同じようなものかも知れません。

そう考えると熟年離婚をしてしまった夫婦は仕事と家庭の両立に失敗したと言えるのではないでしょうか。

仕事と家庭の両立って一見当たり前のように見えて実は意外と難しいことなのかも知れません。

傍目には夫婦円満と見えていた人がお酒の席で家庭の不満を訴えることもめずらしくありませんからね。

ではどうしたら仕事と家庭の両立を円満にすることができるのでしょうか?

兄弟と育った経験のある人なら分かりやすいと思うのですが一緒に暮らす人が増えると忍耐することも必要になってきます。

それは夫婦生活でも同じようなもので相手を多めに見るおおらかな気持ちやあまり細かなことを気にしない気持ちが役に立つような気がします。

欠点のない人間なんておそらくいないと思いますからお互いの欠点を細々と気にせずに一緒に過ごせると良いのかも知れませんね。

相手の言い分に納得できなくてもそれを飲み込んで冗談の1つでも言えるくらいがいいのだと思います。

頭で分かっていてもなかなか出来ることではないかも知れませんが・・・。

でも、熟年離婚して第2の人生をエンジョイするのも案外悪くないかも知れませんね・・・。

最近流行っているわけですし、これからもっともっと流行るかも知れません。

一生で二度美味しい人生・・・なんちゃって、真面目な人に怒られそうです。

人気blogランキングのクリックありがとうございます。やっとランキング上がりました♪

これで一週間連続投稿したことになるります。やはり少し疲れましたね。

当たり前ですが文章は読むより書く方が大変ですよね。書くという行為より文章を考えるのが大変なのかな・・・。

普段は考えもしないことをテーマを決めてうぅ~ん・・・なんて考えてますからね。いい頭の体操になってます。

この記事を書いた人

東 春平代表取締役 / 音響エンジニア
音響と音楽で皆さんの役に立つことを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です