仕事も趣味も人情重視?

以前の自分は仕事と趣味の人間関係は別々のものだと考えていました。ところが最近はどちらにも同じような要素があることを感じるようになりました。

それは仕事でも趣味でも人間関係は人情が重視されるということです。もちろん例外もあると思いますが。

以前の考えは仕事は契約による関係重視で趣味が人情による関係重視と考えていました。

また学歴や社会的地位の低い場合ほど人情による関係が強く高くなるにつれ契約による関係が重視されてくるように感じていました。

しかし自分の経験を振り返ってあらためて考えてみると仕事であっても人情が重視されている場合が珍しくないことに気が付きました。

「人情重視なんてめんどくさいなー」なんて思っている自分の言動も振り返ってみると人情に左右されていたりしました。

人情重視とは契約関係や社会的立場や年齢などに関係なく相手の感情に配慮した言動をとることです。

仕事でも趣味であっても人間関係はなるよになると言ってしまえばそれまでです。

しかし相手の感情に少し配慮するだけで人間関係がスムーズになるとしたらそれはとても有効な手段だと思います。

逆に自分の感情が逆撫でされたときに引かずに上手にアピールできることもとても有効なことだと思います。

実践するのはなかなか難しいことだと思いますが心に留めておくだけでも何かの役に立つかも知れませんね。

この記事を書いた人

東 春平代表取締役 / 音響エンジニア
音響と音楽で皆さんの役に立つことを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です