将来の不安な気持ちについて

自分が10代から20代の頃は将来の不安な気持ちが大きくありました。

20代前後の人と話をすると同じように将来の不安な気持ちを抱いていると感じることがあります。

この気持ちは大人になって行くにつれ少なくなってゆくように思っていました。

確かに大人になって行くと解消されるものもあります。

例えば自分は将来社会に出てちゃんとした仕事に就くことができるのだろうか?とか

何百万もする車や何千万もするマイホームを購入することができるのだろうか?とか

結婚をして幸せな家庭を築くことができるのだろうか?などです。

このようことは時間の経過とともに成るようになるということを経験しました。

この経験が生かされ時間の経過とともに成るようになると思われる不安に関しては20代前後のときのように不安に思わなくなりました。

しかし大人になったからと言って将来の不安な気持ちがまったく無くなったわけではありませんでした。

不安の内容は変わっても気持ちの中に占める不安の比率は同じくらいかも知れないと思います。

いくつになっても将来の不安を抱えて生きていくものなのかも知れませんね。

この記事を書いた人

東 春平代表取締役 / 音響エンジニア
音響と音楽で皆さんの役に立つことを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です