座右の銘・お気に入りの言葉

よくプロフィールに座右の銘やお気に入りの言葉を記載しているのを見かけます。

自分はあまりこのような言葉を意識してないせいか「?」というかピント来なかったりします。

ただ短期的に意識している言葉は多くあります。このような言葉は人と話をしていたりテレビやラジオや新聞や読書をしている時にふと引っかかった言葉だったりします。

例えば最近の言葉は、

「ギブアンドテイク」
「未来に責任を持つ」
「大局を見る」
「生きる意味」
「未来の自分を考える」
「希望をもつ」
「考え方の密度」
「ニュアンスとエッセンス」

といった感じです。ちょっと座右の銘とは意味合いがちがうかもしれませんが・・・。

ところでどうしてこのような言葉に引っかかるのでしょうか?

自分自身のことは意外と気にしていなかったり分からなかったりするのですがおそらくその時に考えている問題や課題にあてはまる言葉に引っかかるように思います。

変化が激しい現代社会ですから自分の心にとめておいて自分を戒めたり励ましたりする言葉も刻々と変化していくように思いますね。

逆に考えるとそういった言葉からその人の現在置かれている状況が読み取れたり想像できたりするかも知れません。

この記事を書いた人

東 春平代表取締役 / 音響エンジニア
音響と音楽で皆さんの役に立つことを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です