新しい環境に慣れるための方法

新しい環境に慣れるための方法は人の話を良く聞く事とメモを取ることではないでしょうか?

人間は習慣の動物的修正がありますので誰でも新しい環境に慣れるには少し時間が必要だと思います。

新しい環境に変わったときの思い出や印象は以外と強く残っているものではないでしょうか?

自分の場合慣れるのに一番苦労したのは通勤と人間関係だと思います。

仕事や業務自体は覚えれば良いだけですからそれほど苦労することは無かったです。

通勤は楽な方向に変わるのは問題ないのですが逆は苦労しましたね。

人間関係はもう運としか言いようがないのですが新しい環境に相性の悪い人がいると大変苦労します。

20代のうちは服従するしかありませんからね。とにかく我慢と忍耐力で切り抜けました。

もしかしたら20代とは我慢と忍耐力を鍛える時期なのかもしれませんね。

この時期を無事乗り越えると活躍できる30代のステージが待っています。

自分が20代の頃職場ではかなり無口だったような気がします。私語を控えていたと思います。

今になって思えばよく喋った方が新しい環境の人間関係は早く慣れるように思いますね。

この点では女性の方が新しい環境に適応する能力は高いと思います。女性は会話でコミュニケーションするのが上手いですからね。

この記事を書いた人

東 春平代表取締役 / 音響エンジニア
音響と音楽で皆さんの役に立つことを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です