浮気に付いて

恋愛観の話をしていると必ず行き着くのが浮気の話題です。ネットを見回すと女性が男性の浮気を話題にしていることが圧倒的に多いですね。

これを見ていると女性よりも男性の方が浮気性のような印象を受けます。ところが既婚者に浮気をしたことがあるか?というアンケート結果を見ると男性、女性ともほぼ50%くらい「ある」という回答です。

要するに既婚者の2人に1人は浮気をしたことがあるということになりますね。男性の女性に対する浮気の話題がネット上に少ないのは男性は女性の浮気に対して寛大なのでしょうか?

行き付けのバーで偶然居合わせた既婚男女に質問したことがあります。女性は男性の浮気に対して本気にならなければ許せると言う意見が以外と多かったです。

男性は許せない、別れる。と言う意見が多かったです。

浮気をする理由はさまざまでしょうが本質は相手に対して欲求不満を感じている時に行動に出るように思います。

男性は好きでない女性でも相手が受け入れてくれればセックスをする傾向があるようです。女性は相手を好きである感情がなければセックスをしない傾向がるようです。

性欲重視の男性と感情重視の女性といったところでしょうか。

浮気は女性から好かれ受け入れてもらえないと成立しないとも考えられますね。自分は女性が鍵を握っているとよく表現しています。口説くのはもちろん男性です。

私は浮気をした経験もされた経験もありますがやはり浮気をされるのは辛いものです。

「出会った時はこんな日が来るとは思わなかった♪」なんて尾崎亜美さんの歌にあります。

一緒に生活したいと思った相手に対して自分がどれだけ欲求不満を感じさせることなく生活できるかをリサーチしたり話し合ったり客観的に考えることができるといいのかも知れませんね。

浮気の気配を感じた時はその事実を追求したり責めるよりも浮気の行動に出た欲求不満の原因に目を向けこれを解消するように話し合ったりできるといいのかも知れませんね。頭で分かっていても難しいことですよね。

それが出来なければ離婚となるわけです。次回は離婚について考えてみます。

この記事を書いた人

東 春平代表取締役 / 音響エンジニア
音響と音楽で皆さんの役に立つことを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です