社会性について

日人間はみな同じ能力をもって生まれてきます。しかし社会に出るとおおきな差が付いているのはなぜでしょうか?

この要因は生まれた環境や家系の影響もありますがほとんどの場合努力をすることで克服できると思います。

社会の中で成功している人を観察すると優れた社会性を備えていることに気が付きます。

これは「話す」「書く」「聞く」能力が優れているとも表現できます。 この能力は努力をすれば仕事をしながら学び高めることができると思います。

余談ですがこのような能力を学ぶには小説を読むと良いと言われています。

社会性とは集団をつくって生活しようとする人間の根本性質と言われています。

人間が家族、会社、国といった集団を作って生活している現状から考えても納得できます。

小さな会社は大きな会社にくらべて一人の人間が会社の業績に大きく影響します。

自立心の小さな人は大きな会社で自分の会社に対する影響力よりも安定を望むかも知れません。

自立心の大きな人は小さな会社で多くのことを学び独立を望むかも知れません。

どちらの場合であっても優れた社会性を備えていないとなかなか自分の思ったようにはならないと思います。

自分の思い付いた論理を主張しても回りの人や社会に認められなければ実現は望めません。

回りの人や社会が何を必要としているのかを正確に感じ取りそれを実現することが成功への手堅い方法だと思います。

この記事を書いた人

東 春平代表取締役 / 音響エンジニア
音響と音楽で皆さんの役に立つことを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です