色々な事を同時に考えない方が楽しいかも?

二輪ジムカーナ大会や練習会に参加すると少しでも速く走るために色々な事を考えると思います。

おおざっぱに考えるとライディングの事、セッティングの事、コースの事など。実際はもっと細分化して考えることと思います。

日頃コツコツと練習を積み重ねていてあまり色々な事を考えなくても納得のいく結果が出る時期があると思います。

そんな時はおそらくそんなに多くの事を考えなくても楽しんでいると思います。

ところが経験の浅い段階だったりある程度経験を積んで結果が安定してくる時期だったりすると色々な事を考える時期があるように思います。

自分の過去を振り返ってもそのような時期があったように思います。

これを試行錯誤している・・・と言えば聞こえは良いのですがそんな時期は意外と辛い時期というか楽しくない時期だったりもします。自分の場合はですが・・・。

趣味とは言えトレイン走行をしたりタイムを計ったりしていると自然と自分の調子のようなものを感じるものです。

とくにある程度経験を積んでいる人が自分より経験が浅くても成長著しい人に追いつかれたりした時は焦ったり複雑な心境になるものではないでしょうか?

そして今まで考えもしなかった色々なことを考えたりするのですが結局結果に結びつかなかったりする場合もあるのではないでしょうか。

やはりスポーツですから練習量が物を言いますし勢いの付いている人は強いと思います。

試行錯誤をしたり頭を使うことも大切だと思いますがあまり色々な事を同時に考えるとバイクその物を楽しめなくなるような気がします。

上達のスピードは取り組み方によって個人差はありますが続けていれば必ず上達はしますし大会で思いのほか良い結果に結びついたりする事もあると思います。

何も考えずに練習をコンスタントに続けているだけで結果が付いてくるのはなかなか難しい事ですが理想的な感じがしますね。

これを別の言い方をすると「バイクに集中する・・・」といっても良いのかも知れませんね。

これって仕事に関しても通じるところがあるように思うのは自分だけでしょうか?

次回の記事は仕事系で「再度、高校生に戻れるとしてこの仕事を目指しますか?目指さないとしたらどんな仕事をしたいですか?」をお送りする予定です。お楽しみに♪

この記事を書いた人

東 春平代表取締役 / 音響エンジニア
音響と音楽で皆さんの役に立つことを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です