CLIP INC. クリップ ストアー CME | Clip Music Entertainment レコーディング・ミックス・マスタリング 音楽・映像制作 スタジオ設計・施工 スタジオワーク | Studio Sound Clip
代表 東 春平のコメント
スタジオ写真
機材リスト
ファイル変換業務
作業と単価の例
変換ファイル一覧
クリップではCDやDATの音源をWAVファイルで切り出しやMP3やWMAなどのファイルに変換(アーカイブ)する業務を行っています。

また三菱製MPEGエンコーダを使いD5、DVCPRO、VHS映像から動画ファイル変換や編集文字入れにも対応できます。これはスタジオ可動率を上げるためのサービス的な発想でローコストな価格で提供します。

価格の目安は1ファイルあたり250円、時間単価3000円から7500円としています。1ファイルからお受けします。音楽ファイルの月間処能力は2000ファイルから4000ファイルです。受注拡大が見込める場合は処理能力増強を行います。作業効率を上げ処理量の拡大とコストダウンを計ります。

例えば1曲に対して45秒の試聴音源とフルコーラス音源を制作します。試聴ポイントが曲頭からでは適切でない場合はエンジニアの判断に任せるか時間指定をいいただいたポイントから制作します。ファイルのやりとりは自社稼働のFTPサーバを使用することもできます。これによりメディアレスとなり輸送コストと時間の削減そしてエコにも貢献できます。

クリップは2000年〜2003年の間に携帯音楽配信事業の立ち上げでCDやDATから音楽配信用ファイルに変換する業務を集中的に行いました。ほとんどのスタッフがこれを経験しています。この時代は携帯電話による音楽配信ビジネスはまだ普及していませんでした。また同じ時期に携帯電話で音楽配信した場合に電話の機種によってばらつく音質を補正するEQ(イコライザー)データの作成を行いました。

このような経験を生かし下記のような対応もできます。

1. 検聴を行い解決できる問題は修繕します。
2. 古い音源を最近の音源と同等に最適化します。
3. 利用目的に合わせた音質に最適化します。
4. ステレオ音源をヘッドフォン用サラウンド音源にエンコードします。
5. 5.1サラウンド音源をヘッドフォン用サラウンド音源にエンコードします。

お役に立てることがありましたら気軽にお問い合わせください。


サイト マップ 会社案内 免責事項 著作権 ご意見・ご感想