ハンドル操作のヒント

オートバイで高速道路を走ると「曲がらない!」と感じることはありませんか?

これはオートバイがスピードが出るほど直進安定性が増す特性を持っているためです。

こんな時は「ニーグリップ」をしてハンドル操作をすると楽に曲がれます。操作のコツは

「行きたい方向の逆に少しだけハンドルを切る」

です。これを「逆操舵」といったりします。ハンドルを切るのはほんの少しだけです。例えば右にレーンチェンジをする場合は少しだけ左にといった感じです。

ポイントはニーグリップをして体でハンドルを切ってあげることです。

そうするとあんなに真っ直ぐ走ろうとして重かったバイクがスーッと向きを変えると思います。

また深く傾いているオートバイを一気に反対側に傾ける時にも役に立ちます。

例えば右側に傾いている時には右にハンドルを少し切る感覚です。

このテクニックは峠の切り返しや直線パイロンスラロームなど積極的なハンドル操作が必要なときに役に立ちます。

このようなハンドル操作を不必要な場面でも多用している場合は「ハンドルをコジル」といって悪い意味で使ったりします。

ライダーが無理にハンドル操作しない方法もあります。これはオートバイの傾きに合わせて自然に切れていくハンドルに合わせる方法で「ニュートラル・ステアー」と言います。

一般的にはほとんどの場面でニュートラル・ステアーで曲がることができると思います。

直進性が強い時や積極的に切り返さなくてはならない時に逆操舵使う意味があると思います。

1217079551

逆操舵とニュートラル・ステアーを上手に使い分けてスムーズに走るのがハンドル操作のコツではないでしょうか?

この記事を書いた人

東 春平代表取締役 / 音響エンジニア
音響と音楽で皆さんの役に立つことを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です