プロのオーラ

先日のスタジオ広告のカメラマン凄くプロのオーラが出ていました。何なんでしょうねこの感覚。

とても優しそうな表情で決して恐いイメージは無いのですが仕事が始まると集中している緊張感が伝わってくると言うのかな。

仕事をしているとプロ意識について考えさせられる機会が多いのですがなかなか上手い表現ができないんですよね。

音楽や映像、エンターテイメントの世界に関わっていると色々な分野のブロに出会います。

それらの共通する部分って何なんでしょうか?

緊張感、責任感、観察力、判断力、洞察力、素早く落ち着いた行動、といったところでしょうか。

もっとも安易に表現すると「この人に任せておけば大丈夫」的なこともあるかも知れません。

自分が若い頃のプロ意識のイメージはこだわりだったり頑固といったイメージを持っていました。

はたして今の自分はどんなふうに観られているのでしょうかね?それが一番気になる事だったりします(笑)。

この記事を書いた人

東 春平代表取締役 / 音響エンジニア
音響と音楽で皆さんの役に立つことを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です