面接攻略方・筆記テスト・実技試験

自分の場合は面接しか経験がありませんので筆記と実技の事はよく分からないですが・・・。

では何か面接攻略方があったかと言うとそういう訳でもなかったりします。

つまり成り行きで就職と転職を経験してきたみたいなものですね。

敢えて面接攻略方を考えてみるとリラックスした素の自分をなるべく出すといった感じでしょうか?

虚勢を張ってもなぜか伝わってしまうような気がします。

また面接で定番とされている志望動機や抱負などをいかに上手く答えるか・・・ですがなるべく少ない言葉で伝えるか逆に前置きや背景など多くの言葉を使って伝えるかの両極端の方がよさそうか気がします。

またさりげない質問や意表をついた質問をしてそのリアクションで人柄を判断したりする場合もあるようです。

そして一番大切なのは言葉よりも表情や雰囲気かもしれませんね。

相手の目をしっかり見て話を聞いたりその時の表情などからもその人の人と成りが伝わってくるものです。

これは日頃から意識して自分なりの良い表情やリアクションを身につけるように努力すると良いと思います。

人間とは不思議というかシビアなもので言葉以上にその人の表情やリアクションから多くの情報を感じ取るような気がします。

話し上手もいいですがどちらかと言うと聞き上手の方が多くの人に受け入れられるような気がしますね。

相手の直感に訴えかけられるような面接攻略方を自分なりに研究すると良いのではないでしょうか?

それは逆に自分の直感に敏感になることで言葉以外の伝え方のヒントが掴めるように思います。

次回の記事は仕事系で「経営者の方又は、自分が採用担当だったらばどんな人を雇いたいですか?」をお送りする予定です。お楽しみに♪

この記事を書いた人

東 春平代表取締役 / 音響エンジニア
音響と音楽で皆さんの役に立つことを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です