ピアノ発表会などのビデオ撮影や写真撮影を低予算で請け負います。ビデオカメラで撮影し整音や編集をしてDVDやBlu-rayディスク、写真、データなどを納品します。

YouTube Live配信なども対応しております!

音響技術に強く、ホールの3点吊りマイクを使ったり、本番演奏のミスをリハーサル演奏と差し替えたりする対応も可能です。

バイオリン発表会、ダンス発表会、合唱や音楽コンサートなどもご依頼戴いております。

ピアノ発表会 ビデオ撮影費用37,700円〜

ビデオ費用:50,600(税込)〜

内訳は…

ビデオ撮影費用の内訳は、現場5時間(16,500円〜)ビデオカメラ2台で撮影、編集仕上がり80分の場合になります。音声はビデオカメラマイクを使用します。

個人写真、集合写真などカメラ撮影も対応可能です。

収録内容

カメラ2台使用

① 正面の映像
② 引きの映像又は鍵盤の映像

サンプル映像

客席に2台カメラのサンプル

サンプル映像をご覧ください。音声は、ビデオカメラマイクの音を整音したものです。

客席の音が比較的多く入ります。咳払いや雨の日は、椅子に立て掛けていた傘が倒れる音が入ったりします。

▼▼▼

客席1台とステージ1台のカメラサンプル

客席に1台とステージに1台のカメラを設置します。音声は、ステージのカメラマイクと客席カメラマイクの音声をミックスします。

演奏中の客席の音を小さく出来るメリットがあります。

▼▼▼

見積明細

発表会2カメ見積書
ピアノ発表会 ビデオ撮影費用83,000円〜

ビデオ費用:73,700円(税込)〜

内訳は…

ビデオ撮影費用の内訳は、拘束5時間(@4,000円/時間)ビデオカメラ4台で撮影の場合です。音声はビデオカメラマイクのものを使用します。

スナップ写真、集合写真などカメラ撮影も追加オプション料金で対応可能です。

収録内容

HDカメラ4台使用

  1. アップの映像
  2. 引きの映像
  3. 鍵盤アップの映像
  4. 舞台から引きの映像

サンプル映像

カメラ4台のサンプル映像

サンプル映像をご覧ください。音声は、録音用マイクで録音しました。ビデオカメラマイクより綺麗に収録できるのですが、別途ライン録音費が掛かります。

▼▼▼

見積明細

発表会4カメ見積書

収録に使うビデオカメラ

SONY PXW-Z150

ビデオカメラはレンタルします。低予算でビデオ撮影する目的で、業務用ビデオカメラをレンタルして撮影します。

SONY PXW-Z150

SONY FDR-AX700

4Kハンディカムのフラッグシップモデルです。

SONY FDR-AX100

4Kハンディカムのハイエンドモデルです。

SONY HDR-AX60

4K撮影が出来る家庭用カメラの高性能モデルです。客席や舞台側でも使えます。

SONY HDR-CX700V

家庭用カメラの高性能モデルです。客席や舞台側でも使え、フルハイビジョン2K撮影できます。

SONY HDR-MV1

舞台側から引き映像に使ったり、鍵盤と演奏者を撮影するのに使います。広角レンズで臨場感のある映像が撮れます。音も通常のカメラより良く録音できます。ピアノに近い位置にを設置するため、演奏者が聴いているような音が収録されます。

SONY HDR-MV1
広角レンズ映像

広角カメラの映像です。

EOS RP

ミラーレス一眼カメラを使い完全無音で写真撮影をします。

希望の機材があればそれをレンタルします。

編集はFCP7を使用

編集は、Final Cut Pro 7.0.3を使って行います。複数のカメラの映像を切り替えて編集します。映像に文字を入れることもできます。

Final Cut Pro7の画面

録音はPro Tools12を使用

録音と整音は、Pro Tools 12.7.1を使って行います。カメラマイクの音でも響きや艶のある音に仕上げます。MC音声や影アナなどもバランス良く調整します。

Pro Tools11の画面

納品形態

トールケース

納品形態は、トールケースに入れたものをお勧めしています。発表会のプログラムや写真データの入ったCD-Rも一緒に入れられ保管にも便利です。

ピアノ発表会トールケース
トールケース2枚組

不繊布(ふしょくふ)

コストを押さえてシンプルに不繊布にする方法もあります。かさばらずにファイリングできるのがメリットです。

納品形態|不繊布
不繊布

毎年発表会をしている場合は、2穴バインダーで写真と一緒にファイリングしておくのもいいと思います。

2穴バインダー
ダイソーの2穴バインダーにファイリング

プレス業者に発注

最近は、小ロットでもプレス業者に発注することができます。光磁気ディスクに比べてプレスディスクは圧倒的に互換性と経年劣化に強いです。

予算に応じます

ビデオ収録費用は、会場の設備によって必要な機材が違います。このため費用変わります。詳しくはお問い合わせくださいませ。予算に応じて出来る限り対応させていただきます。

低予算の工夫

当社は、ピアノ発表会だけでも年間を通してそれなりの数を受けております。低予算で引き受けられるように日々工夫や試行錯誤をしています。

収録メディアの使い回し

その中で、収録に使うSDカードとハードディスクを使い回しすることでデータを保存しておく場所を無償化しています。過去のテープ時代では、収録テープ費用をご負担いただき作業が完了したら収録テープ(素材)も納品しておりました。

低予算のリスク

故障や不具合が発生すると、お写真や動画が納品できない可能性があります。カメラメーカーでも撮影されたデータの保証はしておりません。機材やデータの不具合による残念な結果(事故)は100%防げないのが実情であります。

予備機材の省略

リスクを回避するには十分な予備の機材を準備したり、複数の収録メディアにバックアップをしておく方法があります。

予算が十分ある場合を除き、これをすると低予算にならなくなるのでお勧めはしていません。必要であれば申しつけくださいませ。

収録メディアと予備機材の費用

▼専用SDカード費用
22,000円/日

▼専用ハードディスク費用
33,000円/日

SDカードとハードディスクを次年度に使い回しすることで次年度はこの費用をなくせます。

▼予備写真撮影カメラ
22,000円/日

コストを抑えるとリスクに対しても脆弱になるこにご理解いただけると幸いです。逆にコストを掛けてリスクに備えることもいたしますので気軽に相談ください。

納期について

基本的に3ヶ月程度を目処にしております。繁忙期や想定外の影響で遅れる場合もあります。追加料金で、短納期プランもあります。ご相談ください。

遠方でも対応します

遠方でも、海外も含む全国に出張いたします。(別途旅費交通費精算)

お気軽に連絡ください。0120-959-349受付時間 11:00-19:00 [平日]

お問い合わせ お気軽に連絡ください。