この仕事をしていて得をすること損すること

仕事をしていて得をするとか損をするとか意識した事が無いのですがこれから仕事を考えている人には興味深いかも知れませんね。

得をすることでまず最初に思いつくのは有名人に会う機会が多いと言うことでしょうか?

でもこの感覚は経験を積んでくると薄れて行くもののようです。自分の場合はそうでした。慣れてしまうのでしょうね。

あとは音楽や映像やエンターテイメントに関する全てのことが仕事と関連付けできることでしょうか?

一般的には趣味や娯楽といったいわゆる遊びの感覚で音楽を聴いたりコンサートに行くことが勉強や研究といった理由が通用することになりますからね。

損をすることは仕事が不規則だったり予定が流動的だったりして仕事以外の約束が確実に守れないことでしょうか?

学生時代の友達の集まりなどにも参加できなくで疎遠になり寂しい思いをする時もありました。

スタジオワーク中心の場合は1日のほとんどをスタジオで過ごすため季節感や時間や曜日の感覚が無くなることもありました。

一般的に日本の音楽スタジオは遮音性を重視して窓が無いので外の状況が分からなかったりします。

自分はもうすっかりこの業界に長くいますので他の業界のことは分かりませんが音楽とか映像とか音響とかの共通するキーワードで仕事の人間関係が長く続くような気がします。

10年以上続くケースが自分の場合はめずらしくないですね。これは学生時代の友達とはまた違った縁というか絆のようなもので繋がっている感覚がします。

次回の記事は仕バイク系で「オートバイは恋愛に近い感覚なのか?」をお送りする予定です。お楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です