オートバイを乗っている時に考えている事

二輪ジムカーナ競技などでコースを早く走るためのライディングテクニックは様々なことが言われていると思います。

それは1つ1つが実体験を元に語られたり語り継がれて来たものなのではないでしょうか?

なので間違っていることは無いと思うのですが分かりやすいことと分かり難いことがあるのも事実ですね。

練習会や大会でライディングテクニックについて語られている話をよく耳にします。

色々な視点や指向から語られるライディングテクニックは本当に面白いものです。

これぞ実体験を元にしたノウハウのかたまりのようなものと感じます。

自分もライディングテクニックに付いて色々と記事にしてきました。読み返すとずいぶんな量になっていますね。

自分の記事はテーマを決めて文章にしているようなものです。日記のようにその日の出来事を書くのと違ってある程度深く考え込んでから書いています。

いきなりパソコンの前に向かっても簡単には書けないレベルのテーマを書くことに付加価値のようなものを感じています。

実は自分がオートバイの練習をするときに今まで書いて来た記事のようなことを全て意識しているかと言うとそうではありません。

実際にオートバイで走っている時はそんなに沢山の事を考えながら走ることができないのです。

では何を意識しているのでしょうか?

実は以下の4つだけだったりします。

●アクセルを早く空ける

●ブレーキを力強く掛ける

●オートバイをなるべく深く傾ける

●コースを加速と減速の組み合わせで走るようにする

この4つがバランス良く上手くできると結果も良かったりします。

オートバイから降りてライディングテクニックの事を考えると色々な事や思いが文章となって出てくるものです。

でも実際にバイクでタイムアタックする時はこの4つの事位しか考えていない・・・というわけです。

これがいいのか悪いのか・・・それは分かりませんが。

人に話したり文章にしたりする時と実際の走行中に意識する事のギャップのようなものを少し感じたので記事にしてみました。

日本ブログ新聞という新しいブログランキングの案内が来ました。名前が気に入ったので早速エントリーしてみました。

まだ始まったばかりのサイトのようですが何か面白そうですね。

人気blogランキングは相変わらず下降気味ですね・・・。内容はともあれもっと頻繁に記事を更新しないとダメなのかな・・・なんて思ったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です