タイヤに乗るというイメージに付いて

今回はオートバイは寝かせると早いけどそれがなかなか上手くできないという人のために考えてみました。

オートバイを寝かせる時に一番重要な感覚は接地感ではないでしょうか?

この接地感をしっかり感じ取ることができればオートバイをバンクさせることによる怖さみたいなのがだいぶ少なくなると思うのです。

バンク中の接地感を得る方法の1つとしてタイヤにしっかりと乗るというイメージがあります。

タイヤは前輪と後輪がありますので前乗りとか後ろ乗りといったイメージも考えられます。

それからもう一つ大切なのはタイヤのどこに乗っているかといったイメージではないでしょうか?

真っ直ぐ走っている時はタイヤの中心に乗っているのですがバンクした場合路面とタイヤの接地面は内側にずれます。

ライダーは無意識でもこの接地面の中心というか軸を中心にバランスを取っていると思うのです。

真っ直ぐ走ってるときはセンターにあったバランスを取る中心というか軸のようなものがバンク中は少し内側に入る感じです。

この感覚を言葉で表すのは非情に難しいのですがシートの内側の角に乗る感覚とかリーンインみたいな感覚とか体重をオートバイの内側に預ける感覚とかオートバイを自分の外側で振り回すような感覚とか・・・。

このイメージは誰かに教わったわけでもなく練習をしたり友人とライディングに付いて話しをしているうちに気が付いたことなので自分特有のことかも知れません。

自分はこのようなタイヤの接地面と軸の感覚のことをタイヤにしっかり乗るイメージとしてとらえています。

体調によって接地感が薄いときがあります。こんな時はこのイメージを思い出すことによって感覚を取り戻すことができたりします。

ただこの感覚を掴めてもタイムが急に良くなるわけではないところが難しいところですね。

ターン進入のブレーキングから始まり立ち上がりのアクセルワークまでの一連の作業の全てがタイムに影響するものですからね。

練習を十分にしてきているライダーはこのような事を特に意識することなく上手にバンク中のバイクに乗ってバランスを取っているのかも知れませんね。

このイメージがバイクを寝かして走るのに苦手意識のある人に少しでも役に立ったなら幸いです。

次回の仕事系の記事は「ズバリ、給料について」をお送りします。お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です