フリーと会社勤務の違い

自分はフリーの経験が無いのですが一番大きな違いは会社の就業規則の枠組みの中で働くか法律上個人事業主といった枠組みで働くかといった違いではないでしょうか?

会社勤務の場合は勤務先の賃金規程に基づいて給与が支払われます。フリーの場合は仕事や商売をしただけの収入になります。

平たく言えば収入を得るために会社に勤めるか自分で仕事をするかの違いになると思います。

フリー職業の代表的なものは弁護士や税理士、作家、音楽家、俳優、歌手、ミュージシャン、スポーツ選手あとは商店や飲食店などが思い浮かびます。

音響関係ではミキサーという仕事はフリーの人も多いですね。

自分の個人的な考えでは安定指向の人は会社勤めで自立心の強い人はフリーになる傾向があると思います。

また小さな会社の経営者も感覚的にはフリーに近いものがあるのかも知れません。

そういう意味では自分もフリーに近い感覚であると言えるかも知れませんね。

実は自分の父は学習塾を経営していてました。このためか自分はサラリーマンの家庭に憧れのようなものがありました。

学生時代には会社に勤め定年まで働きたいと考えていました。22才で会社勤務を始め10年後の32才で独立して13年目になります。

気が付けば会社勤めよりも独立した期間の方が長くなってしまいました。

独立したのは計画的ではなく成り行きというかタイミングによるとことが大きかったです。

ですから今でも会社勤務に憧れのような気持ちが残っていたりします。

他人の芝は青いと言いますがそんな感じなのかも知れませんね。

それからフリーの場合は確定申告や源泉税、保険や年金といった支払いを自分ですることになります。

会社勤務の場合は会社規模にもよりますがこのような手続きは会社が済ませてくれます。

フリーの場合は就業規則の縛りが無い反面自分でしなければならないことも多くどちらが良いとは言えないと思います。

その人の暮らしや生活の指向で自然となるようになると思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です