ブログを始めてわかったこと

見知らぬ人のブログを読んでコメントを記入するのって勇気いりますよね?最新の投稿ならまだしも、少し前の記事なんかは読んでも「この記事古いしなーコメント付けても意味無いかな?」なんて思ったりしませんか?少なくとも自分はそうでした。

そんなコメント付け隊の皆様にお願いがあります!

もし記事を読んで何か思ったならば、遠慮無くコメント付けてってくださいねっ♪即行でね。

たとえ古い記事だったとしてもです。別の言い方をすると「遠慮なく絡んでくださいねっ♪」と言ってみたり・・・。

古い記事でもコメントが付くと記事を書いているブロガーにはちゃんと分かるようになっています。

自分がブログを書いていて一番思うのが「この記事を読んだ人はどう思ったかな?」「おもしろかったかな?」ってことなのです。毎回コメントがあまりにも何も無いと「無人島で海に向かって一人叫んでいるような気分・・・」になりますね。

アクセス数の分かるようになっているブログは、「サイレント・マジョリティー」(だまって見ている多くの人達)の存在も知ることができるのですが残念ながらこのブログはアクセス数が分からないのです。孤独なのだ・・・

かと行ってコメントをもらうために記事内容を思案して書くのは読者に媚びっているような感じがして抵抗あったりします。

自分はディスプレイに向かって「さあ書くぞっ!」って始めたときに自然でらく一に書けることを書いています。でも事前になんとな一く「テーマみたいなもの」は考えていますけどね。

このような複雑な気持って自分がブロガーになった時に始めてわかりました。なので閲覧のみの方にはなかなかわかってもらえない感覚かもしれませんけど・・・一応言うだけ言っておきますね。

なので自分も他人のブログを読んで何か感じたならば積極的にコメント付けるようにしています。ただお初はいまだにドキドキしますが・・・

今コレを読んでいるそこの「あなたっ♪」たまには絡んできてくださいね。これからもよろしくです♪

この記事を書いた人

東 春平代表取締役 / 音響エンジニア
音響と音楽で皆さんの役に立つことを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です