中国の人と接してみて思ったこと

今年に入ってから仕事を通して中国の人と接する機会が増えています。

今まで外国人と言えば欧米の人と接する機会が中心でしたから自分にとってはかなり新鮮というか新しい発見が多いです。

外国人と仕事で接する場合は目的があって接しますので日常会話以上にギャップを感じながら仕事を進めることになります。

中国人の場合外見が日本人とギャップが少ないというか似ているので親近感が持てるのですがその考え方には意外とギャップがあったりします。

国際感覚の高い人と話すと世界の中では日本人の思考が特殊な方だと言う人もいます。

中国人から見た日本人はハードルが高いというか難儀な部分も多いようですね。

中国人はどちらかと言うとアメリカ人に近い発想をするみたいです。

文法なども日本と逆でアメリカに近い構成になっているようです。

そして漢字の1文字1文字に意味を持っているので日本のひらがなやアメリカの単語のようにグループで意味を持つものとは違いがります。

一般的な中国人のイメージは自分の言いたいことを積極的に主張するイメージですが実はそうでもないみたいです。

日本人と同じように謙遜したり相手を思いやったりする感覚も敏感なよです。

ただ日本人がよく使う曖昧な言葉遣いはその本当の意味が理解できずに困惑するみたいですね。

イエスかノーかまたは分からないとハッキリしたほうがコミュニケーションがスムーズに行えます。

表面的なコミュニケーションは欧米ぽくて心の奥は日本人に近いものがあるように思いました。

マスコミでは日中の問題が報道される事も多いですが自分は中国と中国人が好きになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です