乗車姿勢に付いて

オートバイに乗る姿勢を乗車姿勢と言います。教習所でも教わると思うのですが覚えていますか?

オートバイのステップに真っ直ぐ立って膝を曲げてストンとそのまま座った位置からハンドルに手を添えた姿勢ですね。

そして膝でタンクを挟み込みます。これをニーグリップと言います。

真っ直ぐ走っているときの乗車姿勢はこれでOKです♪ではコーナーではどうしたらよいのでしょうか?

スポーツ指向のライダーは真っ直ぐ走ることよりもコーナーを上手く曲がることに喜びを感じるようです。

例えばライディングテクニックを解説した書籍はコーナーを上手く曲がれるための内容がそのほとんどを占めます。

自分は二輪ジムカーナ競技を通してコーナーを上手く曲がれる方法を学んできました。

その経験から言えることは一般的に話題になるコーナーの乗車姿勢の前提は2種類に分かれます。

●気持ち良く曲がれる

気持ち良いフィーリングで曲がれる。恐怖感なく曲がれる。上手く曲がれる。安全に曲がれる方法。

●早く曲がれる

レースや競技でとにかくタイムが早く曲がれる方法。

この2つの乗車姿勢の考え方の大きな違いはタイムを気にするかしないかですね。

この違いは想像以上に大きな違いがあります。でもこのどちらにも通用する乗車姿勢をお伝えします。

それは

「真っ直ぐ走っている時と同じように乗る」

です。

真っ直ぐ走っている時はバイクの真ん中に乗っているはずなんですがコーナーでも同じようにバイクの真ん中に乗っている感じです。

外足荷重でステップを踏んだりしません。腰を落としたり肩を回したりもしません。

ただ真っ直ぐ走っている時と同じようにバイクの真ん中に乗っていれば良いのです。

また真っ直ぐ走っている時に乗車姿勢をなにも意識していないようにコーナーを曲がっているときにも乗車姿勢を意識しなくて良いと思います。

そうしていると走るペースや技量に合わせてコーナーリング中の姿勢が自然とそれなりにできてきます。

ですから実際は真っ直ぐ走っている時と同じ乗車姿勢のつもりで走っても写真やビデオで見ると真っ直ぐ走っている時と同じ姿勢にはなっていませんがそれで構わないです。

もしジムカーナ競技などでタイムを早く走れるようになりたいと思っている人は特にコーナーリング中の乗車姿勢を意識しないことをお勧めします。

そのほうが結果に結びつくし上達の近道だと思います。理由は乗車姿勢を意識していると早く走れないからです。

これは私の経験によるものですから他にもさまざまな考え方があると思います。

一つの案と言うことで覚えておいて何かの時に役に立てば幸いです。

8-3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です