二輪ジムカーナと家庭の両立について

ここのところ両立ネタが続いていますが・・・一度考え出すと一途なせいかそのことばかり考えたり思い付いてしまいます。

もうすでに結婚して二輪ジムカーナ競技に継続参戦されている人はそれぞれに両立されていることと思います。

これから結婚する人は家庭を持って二輪ジムカーナ競技に継続的に参戦する事に不安と興味があるかも知れませんね。

両立の決定的な方法は特定できないと思うのですが自分なりに考えてみました。

まず両立するためのポイントになるのが

●資金の捻出

家庭を持つということは一つ屋根の下で生計を共にしていく相手がいるわけですから独身時代のようにお金の使い道を自分一人で決めるわけにはいかなくなってきます。共稼ぎの時期は比較的余裕があるかも知れませんが子供ができると厳しくなりますよね。

●時間の捻出

大会は関東周辺で開催されるJAGE認定大会で年間10戦くらいになると思います。このほかに練習もすると思います。練習の頻度は人それぞれだと思いますが月2回とすると年間24回になります。大会と合わせると年間34日になりますね。1年は52週ですから日曜日の65%はオートバイに費やすことになります。

●家族の理解

家庭の事情は人それぞれですから何とも言えないのですが少なくとも家族の理解がなければ継続することは難しくなってきますよね。オートバイに資金と時間を費やす事によるいい意味の副作用みたいなものとの費用対効果に納得できるかどうか・・・といった感じかも知れません。

といった所ではないでしょうか?

モータースポーツに取り組むと言うことはただオートバイを所有して楽しむのと別世界のオートバイライフと言っていいくらい日常生活には違いがあると思います。

ギャンブルや浮気でお金をつぎ込むよりは良いかもしれない・・・なんて思っていても続けているうちに頻繁に家を空けて楽しそうにしている相手を見ているうちに面白くなくなってくる場合もあると思います。

自分が楽しんだら相手にもなにかお返しが出来るといいのかも知れませんね。

男性と女性は同じ人間でも物の考え方や感じ方は思いのほか違うように思います。

若い頃は何でも話し合えば解決できる思っていましたが男女の間ではどんなに話し合っても解決しない事もあるようです。

言葉よりも態度で示した方が円満に事が収まるような気がしますね。

自分も当事者だけになかなか書きにくい部分もあったのですが少しでも参考になったなら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です