仕事が出来る人と思われるヒント

仕事をしていて「あの人は頭のいい人だ・・・」とか「優秀な人だ・・・」と言う話をする事があります。

これは必ずしも学歴や職歴に比例するわけではないようです。ではいったいこのように思われる要因は何なのでしょうか?

単純に考えれば仕事の結果を出す能力が高いと考えられます。

ところがこのように仕事の結果が単純に現れない仕事も多いのではないでしょうか?

それでも仕事が出来ると思われる要因があるようです。

それはチラッと言った事でも素早く理解して行動を起こすことかも知れません。

大切な事や重要な事は強調して伝えますからほとんどの人は意識して無難にこなすと思います。

ところが通常の会話の中でチラッと言った事がそれほど重要でなかったとしても素早く対応することで仕事が出来る印象を与える可能性が高くなると思います。

これは日本人だけの特有なことではないようです。この事を外国人に話す場合は下記のよう話すと伝わりやすくなります。

仕事を1回話しただけで理解して行動を起こす人は仕事が出来る人。2、3回話して理解する人は普通の人。5回話して理解する人は能力の無い人。

と言った感じでしょうか。

要するに仕事は会話によって行動を起こす事ですからその理解力と行動力が仕事の能力判断基準になると言ったところなのかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です