仕事のメンタルに付いて

オートバイを乗りこなすためのメンタルの記事から思い付き今回は仕事のメンタルに付いて考えてみたいと思います。

おそらく職種によっていろいろなメンタルがあると思うのですが私の仕事の場合で考えてみます。

レコーディングの仕事の場合はその作業に於いてどんな事をしなければならないか予測するところから始まります。

次にマイクなどレコーディングに使う機材などに不足がないか確認します。

作業で使う機材の使い方を考えます。最近はコンピューターを使う場合が多いので新しいセッションなどで新しい事をする時は意外と使い方を把握していない場合があります。

すでに何度か仕事をしている場合は予測が立ちやすいのですが初めての場合は慎重に行います。

まとめると「予測」と「準備」をしっかりする言ったことになりますね。

我々の業界では「仕込み9割」とよく言われています。

これはしっかり仕込みをしておけばその仕事の9割は終わったような物だということです。

しっかり仕込みをすることによって仕事の予測がリアルにできるので結果的にメンタルにも効果があるのだと思います。

また計画していたことがダメだった場合の予測もしておくとさらにレベルの高い準備ができますね。

このように仕事の現場で起こりうるほとんどのことを予測しておくと良いと思います。

この予測ができていると物事に冷静に対応できますので予測をしていなかった人と比べると明らかにその差を見て取ることができます。

自分はよく「本番に強いですね」って言われることがあります。自分自信ではそんなことを意識したことはありません。

おそらく予測ができているとそのように見えるからかもしれませんね。

オートバイでコースを走るイメージをするのと同じように仕事で予測されることをイメージすることが仕事のメンタルの基本のように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です