旭川の朝

今日は旭川に出張に来ています。昨日函館から電車で約5時間かけて移動しました。5時間飛行機に乗ったらアメリカに行けちゃいますよね(笑)。

事前に雪が降っていることは聞いていましたが周りは真っ白な世界です。除雪した雪が人の身長よりも高くなっているところもありました。

DSCN2351

路面はアイスバーン状態です。しかしバスや車は普通に走っています。スノータイヤを履いているのでしょうがそれにしても雪道をこんなに普通に車が走っている光景は新鮮というか驚きました。

DSCN2350

もっと驚いたのは地元の人が雪上や凍結した路面でもふらつくことなく普通にあるいている事です。

また凍結した横断歩道を小走りしている人もいましたが自分も同じ路面状況にいて走ることなんて出来そうもない感覚です。

10分くらい歩いて何度もすっ転びそうになりました。いつ転びそうになるか分からないので両手をポケットに入れていたら危ない感じです。

恐る恐る歩いている自分が少し恥ずかしかったりしますが仕方がないですよね。こんなに雪のある街は初めての経験です。

あと気温は氷点下なんですが地元の人は寒そうにしていないんですよね・・・。女性なんかでスカートに素足の人もいたりします。

服装もそんなに重装備じゃないというかもしかしたら関東より薄着じゃないか・・・と思うくらいです。

やはり寒さになれているのでしょうかね。

自分はバイク用に使っている防寒インナーウェアーを着ているので凍えるほど寒いという程ではありませんが・・・。

日中の最高気温が-2°ということですからスキー場にいるのと変わらないですよね。

なんとなく冷凍庫の中にいるような感じです。

以上旭川からお送りしました♪

次回の記事はバイク系の予定ですが何も思い付かないので行き当たりばったりでお送りします。お楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です