男女の友情が成立するかどうかに付いて

最近頂いたコメントから面白いと思い記事にしてみようと考えてみたテーマです。

ポピュラーミュージックでも男女の友情について歌った歌詞があったと思います。

何人かの人に意見を聞いてみたのですが見事に考え方が分かれるみたいですね。

面白かったのは結婚をして時間が経つと男女の関係は友情のような感じになってくる・・・といったのもありました。

また友情の定義も微妙に違うようですね。

この境目の感覚は知人と友人の定義ともにているような気がします。

自分がこのテーマを深く考える前にパッと思い付いたのはやはり男女の関係にならない友達の関係をイメージしました。

広辞苑で【友情】を調べると

友人間の情愛。友達のよしみ。

としか書いてありませんでした。

考えているうちにもしかしたらキスやセックスといった関係を男女の友情の線引きと考えるのは間違っているのかも知れないと思いだしました。

よく交際を申し込んだ相手に「友達でいましょう・・・」と言った遠回しな断り文句が使われると思います。

または交際を受け入れるけれども「友達から始めましょう・・・」みたいな言葉も使われますよね。

このイメージが男女の友情の線引きを意味しているように思いました。そう思っている人は意外と多いのではないでしょうか?

ところが深く考えてみるとおそらく友人とでも気軽にセックスをする人もいるかも知れない・・・と思ってきました。

これは友情と言うよりセックス観の話で別なのかも知れませんね。

そうすると夫婦の間で年月が経つと男女の友情のような感じになる・・・と言うのも納得できてきます。

また2人きりで会ったりする場合とグループで会ったりする場合の違いも考えられるようです。

この場合も男女の関係の考え方と同じように意見の分かれるところだと思います。

友情が成立する条件として考えれば2人きりでもグループでも関係なく同じようなものと考えることもできますよね。

色々考えているうちに訳が分からなくなってきました(笑)。

まとめると男女の友情は、

2人きりで行動を共にしたりするけれども肉体関係はもたないもの。

という考え方と

肉体関係や行動をともにする人数などに関係なく友人間の情愛のようなもの。

といった感じになりそうですね。これって結構究極の選択かな?

男女の友情はこのような考え方の合う人同士の間で成立するものなのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です