自分の働く業界の裏話

自分の働く業界に限らずネットに公開できないような裏話は沢山あると思うのですが夏真っ盛りですし少し怖い話をしてみたいと思います。

レコーディングをしていて意図しない音が収録されてしまうことがたまにあります。

よくあるのがイスやテーブルのきしみ音や演奏ノイズです。ボーカル系では喉が鳴ってしまったり、ちょっとした無音部分でお腹が鳴った音とかです。

意図しない音の原因が分る場合はいいのですがまったく原因不明の不思議な音が入っている事もあるのです。

けっこう昔の有名な話ですが岩崎 宏美さんの「万華鏡」という曲中に悲鳴のような声が入っているのは当時話題になりましたので知っている人も多いのではないでしょうか?。

バニー・マニロウのコパカバーナという楽曲にも不思議でちょっと怖い音が入っていたように記憶しています。

他にも捜せばいっぱいあると思いますよ。深夜に一人でヘッドフォンでじっくり聞いていると本当に怖くなってきます。

このように悲鳴のような怖い音が意図せずに入ってしまうことはたまにあるようです。

またこのような音が入りやすいと言われるスタジオもあったりします。

「あそこのスタジオは・・・出るよね・・・」なんて話題もめずらしくありませんからね。

この世の中には科学的に証明できないこともたくさん起こっているようなので自分はそんなもんだ・・・と受け入れていますが・・・。

深く考えるともの凄く怖くなってきたりします。スタジオワーク中の夕食や夜食の時によく話題になる話です。

自分も過去数回怖い思いをしたことがあります。思い出したくないので書きませんが・・・。

これ以上深入りすると本当に怖くなってくるのでこれくらいにしておきますね。

次回の記事はバイク系で「あなたの好きな状態は何ですか?」をお送りします。お楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です