自分を知って自分を活かす

人間は自然と自分と他人を比較する特徴をもっていると思います。自分に無い他人の良いところがうらやましく思ったりすることはよくあるのではないでしょうか?

あの人は頭が良いとかお金持ちだとか容姿が良いとか・・・

一方では他人が思う自分のイメージと自分自身が思っているイメージにギャップがあったりしませんか?

自分は他人から「あなたはこのようなイメージの人と思う」と言われ自分的にはそうではないと思ったりすることがあります。

たまにどちらの自分が本当の自分なのか考えたりすることもあります。

仕事を通して音楽や芸能関係の人と関わるようになってイメージや世界観といったことに付いてよく考えるようになりました。

作品の制作に関わるとテーマやイメージや世界観がとても重要視されるのかよく分かります。

アーティストや芸能人のイメージは本人の日常のものとギャップがあるのは容易に想像できますよね。

このことは一般の人にも当てはまると思います。例えば家族のイメージと学校や会社のイメージにギャップがあったりしませんか?

自分が活躍したいと思うフィールドの対外的なイメージを良くすることで人間関係がもっと良くなったりチャンスが訪れてきたりすることは現実的にあると思います。

これは程度こそ違うもののアーティストや芸能人が大切にしているイメージと似たようなもののように思います。

社会で目的を達成しようと思うと能力を高めることを重視したり資格を獲得しようと考えると思います。

そのような事も大切ですがイメージを良くすることも自分を活かす力になるのではないでしょうか?

そのためには自分の対外的なイメージをリサーチするというか知ることも役に立つと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です