DUONLOP杯2007 R2

昨日は埼玉県で開催されたDUNLOP・月刊オートバイカップ!ジムカーナ大会 第2戦に参戦してきました。

終日とても良い天気に恵まれ最高の大会日和になりました。

大会の記事は結果の良かった人や悪かった人、参戦を予定していて不運にも参加できなかった人などのことを考えると自分の主観で記事は書きにくいものですね。

コースはスタートして最初にコーススラロームセクションを走りそれからパイロンセクションに向かう設定になっていました。

数日前に降った雨の影響か路面温度の影響か分からないのですがコーススラロームセクションは路面が見た目よりも滑りやすく立ち上がりで簡単にリアタイヤが滑ってしまう状況でした。

パイロンセクションはどちらかと言うとストップアンドゴー的な設定で寝かしてタイムを削ると言うよりはフロントブレーキを巧みに使ってタイムを削っていくような印象のレイアウトでした。

1ヒート目はスタートして最初のコーススラロームセクションでリアタイヤを何度も滑らせてしまいねらった走行ラインのインに付くことが出来ず頑張ったけどルーズな走りになってしまいました。

2ヒート目は頭を切り換えてフロントブレーキを使ってタイムを削るように意識しました。

進入時に慎重にフロントブレーキを使ってタイムを削る努力をしたのですが思いの外慎重になりすぎてしまい思っていたよりタイムを詰めることができませんでした。

結果は運良くクラス優勝をさせて頂くことができましたが上位6人のタイムが1秒くらいの間に入っているという僅差でだれが優勝してもおかしくなかったと思います。

トップタイム比は105.89%であと一歩でB級昇格といった結果になりました。

c1_219

周りからは毎回B級昇格はまだかと声を掛けられますが続けていればそのうちなるだろうとお気楽に考えています。

C1級の表彰式では常連のように毎回名前を呼ばれていますのでそろそろB級昇格しないとまわりからひんしゅくを買っているかもしれない・・・

シードクラスで優勝すると二輪人(もとびと)制作のDVDにBEST LAPSとしてタイムアタック中の映像が全て収録されます。

過去自分の走りは何度も収録されていてもうみんな見飽きているだろうな・・・

などと思ってみたりもします。

次回は6月17日霞ヶ浦で開催されるトミンドライビングスクールで開催されるミシュラン・JAGE・CUPジムカーナ大会 第1戦に参戦します。

トミン大会は苦手なコーススラロームセクション中心のレイアウトになるので苦手意識を克服するべく頑張りたいと思います。

大会で顔を合わせている皆さんまたお会いしましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です