Macのメンテ

USDのトラブルが解決したのでついでに最近気になっているMacのメンテもすることにします。

このスタジオで主に稼働しているコンピューターは4台あります。

Power Mac G5 2.7G Dual ← 映像編集。Web制作用
Power Mac G4 1.25G Dual ← Pro Tools(音声用)
Power Mac G3 DT266 ← DLT書込用(DVDマスター、バックアップ用)
Win Pentium4 3.2G ← マスターCD-R作成、MPEG4エンコード用

といったところです。この中のPowerMac G5でネットワークを使ってデーターのやりとりをすると異常に遅いという症状が出ていました。

IMG_2584

例えば正常な状態では20Mのデーターをファイルサーバーにコピーすると2〜3秒です。これが12分もかかるのです。他のコンピューターでは異常が無いのでG5のOSに不具合が出ているのだと思います。

G5が正常に動作している状態の初期システムのバックアップを取ってありますのでこれに戻せば解決するはずです。

別のパーテイションに正常に動作していたシステムのバックアップを復元してそこから起動して検証してみることにします。

復元した初期システムでも直りません?・・・ということは、LAN回線の問題?試しに別の系統からLANケーブルを接続したら直りました!

ということはG5に使っているHABが原因と言うことになります。そこで別のHABと取り替えると・・・正常に動作しました!原因はこのHABの故障だったのです。

IMG_2587

いままでG5で使っていたシステムは問題なかったわけです。正常に動作していたシステムは別のパーテイションに復元したので現状システムはそのまま残っています。早まって現状のシステムを初期システムに復元していたらソフトを追加インストールしなければならないので面倒なことになっていました。

たすかった〜。ふ〜っ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です