ProToolsUSDトラブル

Pro ToolsシステムのUSD(Universal Serial Driver)という周辺機器がトラブル発生!この機器はオーディオ入出力インターフェースの同期をとったりタイムコードを入出力したりするためのものです。

写真の上の機材がUSDです。

IMG_2579

数日前から作業中に[USDとのコミュニケーションが途絶えました]といアラートが頻繁にでるようになりました。USDとMacを繋ぐケーブルは最近新しく購入したばかりのものですから問題ないはずです。

最近Pro ToolsシステムのMacをG4 400MからG4 1.25G Dualに変更しましたのでそれが原因かもしれません。USDのファームウェアーは5.01ですが、メーカのdigidesign(デジデザイン)のWevサイトを見ると最新で5.03というものが出ています。まずはファームウェアーをアップデートしてみることにします。

ファームウェアーをアップデートすると症状がもっと悪くなりました。こんどは電源スイッチを入れてしばらくするとまた再起動をする症状が繰り返し起こるのです。

これはもしかしたらUSDハードウェアーの故障かも?またはシステムを一度初期化するような方法があれば直るかもしれない。と思いデジデザインのサポートに連絡をしました。

USD

状況を説明すると「まず電源を疑ってみて欲しいと言うことです。」電源ケーブルを交換したり、別のコンセントから取ってみたり、または極性を変えて見て欲しいと言うのです。

まずは電源の取り口を別のコンセントから取ってみました。そうしたらいままで再起動を繰り返していたのが嘘のように止んだのです。

「ありえない!」と思うかもしれませんが、仕事としているとこのようなことは日常茶飯事です。

音響エンジニアの仕事といえば、良い音を作り出すイメージが大きいのですが、意外と機材トラブルを解決しなくてはならないことも多いのです。大きな会社ではメンテナンスエンジニアという機材のメンテナンス担当者がいたりしますが、作業中に見舞われるトラブルのほとんどは自分で対応しなければなりません。

このトラブルの対応は経験がものを言いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です