独身をうらやましいと思うとき

独身時代はとにかく彼女が欲しいとか結婚している人をうらやましいとか思ったりすることがよくありますよね。

成人して社会人になると結婚して子供を作ってマイホームを購入して・・・みないな暗黙の流れがあります。

最近では昔ほど言われなくなったみたいですけどこの流れに乗っていないとなんだかいけないような気がしたりします。親兄弟からのプレッシャーもあったりしますよね。

日本国民の3大義務って覚えていますか?

  1. 教育の義務
  2. 勤労の義務
  3. 納税の義務

です。これだけちゃんとしていればOKと言うほど単純なことではありませんが結婚をしたり子供を作るといったことはまったく自由なハズなのに何故か独身でいると義務を果たしていないようなプレッシャーを感じたりしませんか。

でも最近は結婚をしない人も増えたり結婚をしても子供をつくらない人も多くなっています。

自分は結婚をして子供をつくってマイホームを建て、とまるで絵に描いたような流れでここまで来ていますが正直周りの独身の人や結婚をしても子供を作らない人をうらやましいと思うことはあります。

理由はよく分からないのですがたぶん隣の芝は青い的な感覚なんでしょうね。

要するに人間って周りの人をうらやましがる習性のようなものがあるようなんです。

彼女が出来たり結婚したり子供ができたりしてもそのようなうらやましがりな気持は変わらないんですよね。たぶん。

自分は音響の仕事を長く続けて来ましたが他の仕事もしてみたかったと思うこともあります。

独身に戻ってもういちど激しい恋愛をしてみたいと思ってみたりします。

やはり独身というのが一番縛りが無くて自由なのかもしれませんね。独身の不満や悩みなどはその代償のようなものなのかも知れません。

もし次に生まれ変わってきたら川島 なお美さんみたいな女性になって独身をとおして生きてみたいと思ったりして・・・

ちなみに自分は黒木 瞳さんのことが好きですがこの2人はなにか似てませんか?

黒木 瞳さんは早くにご結婚され子供もいますので独身のイメージが薄いですよね。川島 なおみさんのことはよく知りませんが独身女性のイメージが強いです。

この2人は1997年に失楽園という映画とテレビでお互い主演女優を務め話題になったのは有名です。

自分が独身のときは将来を不安に思ったりこのままで終わりたくないなどと思ったものですが時が経って結婚をして子供を作ってマイホームを建てたりしてもまた独身時代に戻りたいなんて思うのですから勝手なものですよね。

人間なんてそんな勝手な生き物なのかもしれません・・・自分だけですかね?そんなんこと思うのは。

明日の朝起きたら独身になっていたらどうしよう・・・

独身の人は朝起きたら結婚していてさらに子供もいたりしたらどうしよう・・・なんて考えませんよね。

たまに女性が結婚はしたくないけど子供が欲しいと言うのを聞きますが・・・いったいどういうつもりなんでしょうね。本音が知りたいです。

この記事を書いた人

東 春平代表取締役 / 音響エンジニア
音響と音楽で皆さんの役に立つことを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です